いつも仕事のことで頭がいっぱいの悩みを解決する方法

ワンステップコンサルタントの金澤です。

働いていると

正社員、派遣、パート、アルバイト、自営業など

その働き方を問わず、

仕事がない休みの日でも

仕事のことを考えてしまうことありませんか?

あの案件どうなったんだろう?

お客さんから頼まれたこと、どうしようかな?

休み明けの会議でのプレゼンどうしよう?

昨日、ミスして失敗しちゃったのどうしよう?

来週の仕事のスケジュールは何をしなくてはいけないんだっけ?

など

本当は、趣味をしたり、友達や家族と楽しく過ごせる休日が

仕事のことで頭がいっぱいになり、

何をやっても気が乗らずに

あまり楽しめない。

そして、なんとなく一日が過ぎていく。。。

今回は、仕事が休みの日なのに、

いつも仕事のことで頭がいっぱいになってしまう悩みを

解決する方法をお話しします。

その解決法は、

ズバリ

マインドフルネス

です。

どこかで一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

マインドフルネスを初めて聞く方、少し知っているよという方は

マインドフルネスにどんなイメージをお持ちでしょうか?

スピリチュアル?

ヨガ?

瞑想?

いろいろなイメージが浮かんでくると思います。

マインドフルネスとは、ウィキペディアでは、

今現在において起こっている内面的な経験および外的な経験に注意を向ける心理的な過程である。瞑想およびその他の訓練を通じて開発することができる。

と説明されています。

?????

抽象的でわかりづらい表現ですので、わかりやすく説明しますね。

マインドフルネスを簡単に説明すると、

他のことを一切考えないで、今この瞬間に集中することです。

これでもまだ抽象的でわかりにくいかもしれませんので、

少し例を出してみましょう。

たとえば、

今日は土曜日、あなたはお休みです。

昨日まで一週間一生懸命に働いていたあなたは、

とても疲れていたのでたっぷりと睡眠をとり、

少し遅い朝食をとっています。

あなたはゆっくりと遅い朝食をとりながら、

テレビの音や家族との会話はBGMのように流れ、

昨日頼まれた仕事を思い返しています。

頼まれた仕事のことを考えていると、

今度はまた違う仕事のことが気になってきました。

食事を食べているのにおいしいと感じることもなく、

仕事が気になって、何を食べているかわからない状態です。

せっかくの休日なのに

起きてからずっと仕事のことで頭がいっぱいになって、

なんだか損した気分になってしまいました。

そんなときに頭から仕事のことを追い払い、

美味しい食事をとったり、

家族や友人との会話を楽しんだり、

趣味をやったり

など

本当に楽しく過ごせるようにするのがマインドフルネスです。

マインドフルネスの具体的なやり方

今度は、マインドフルネスの具体的なやり方をお話しします。

代表的なものには、

メディアなどで良く紹介されている瞑想がありますが、

なかなか最初からやるには心理的な抵抗を感じる方も

いると思います。

また、少し慣れるまで時間もかかりますので、

もっと手軽に短時間で簡単にできる方法を3つご紹介します。

1.食べるときに食べ物を詳しく観察する

食事を食べるとき、

私たちは意識して食べることはほとんどないと思います。

テーブルに並べられた食事を食べるときによく観察してみましょう。

料理はどんな材料からできているのでしょうか?

どんな匂いがしますか?

どんな味がしますか?

どんな食感ですか?

口の中で噛んでいるときの感触はどのような感じですか?

飲み込むとき、飲み込んだ後の感覚はどのような感じですか?

など、

食べ物に対して強い興味をもって、細かく観察してみてください。

2.歩いているときに、歩く動作を実況中継する

歩いているときに、自分がどうやって歩いているかを細かく心の中で実況中継してください。

足は、どのように今動いていますか?

つま先で地面を踏みしめたとき

かかとを地面から上げたとき

かかとから着地するとき

歩くことの一連の動作やそのときの感触、

腕の動きなどを心の中で実況中継してみてください。

実況中継をやるときには、

車や自転車などに十分に注意してやってくださいね。

あまり車や自転車などを気にすることがない

公園やウォーキングコースなどがおすすめです。

3.呼吸の数える

呼吸をしながら「1.2.3・・・」というように

1から10まで数えてみてください。

10まで数え終わったら、

次の呼吸でも同じように数をカウントします。

5~10回くらい繰り返します。

できれば目を閉じてリラックスした状態で、

まずは息を吐き、

鼻から息を大きく吸って、

口から息を吐き、

心の中で数をカウントして、

深呼吸してみてください。

お話しした3つの方法に共通するのは、

頭の中を今この瞬間に起こっていること以外に

考える余地を残さないことです。

頭の中に考える余地をなくし、

今この瞬間に集中している状態をつくることにより、

脳が休むことができます。

脳が休むことができると、

頭がスッキリし、

自然と目の前のことにリラックスして集中できるようになります。

仕事のことも気にならなくなり、

仕事のことで頭がいっぱいだった状態は解消し、

本来の楽しい休日を過ごすことができます。

今日から3つの方法から

あなたに合ったものをチョイスして、やってみてください。

きっと、頭がスッキリして、

気分よく

楽しい一日が

過ごせるようになると思いますよ。

経理などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら