独立、起業の覚悟をアウトプットする方法

ワンステップコンサルタントの金澤です。

起業、独立すると覚悟が決まったら

次は具体的に何をどうアウトプットしていくかが

現実問題として重要になってくるかと思います。

起業、独立の覚悟についての関連記事はこちら

→「想いだけでは終らせない起業・開業への挑戦 Part1

→「想いだけでは終らせない起業・開業への挑戦 Part2

具体的にアフトプットしていくとき

2つのことを設定することで

より効果的にアウトプットできるようになる方法を

ご紹介します。

その2つのこととは、

「現実的な目標」

「現実的な期限」

を本気で設定することです。

ここでの「現実的な期限」は、1~6ヶ月に設定してください。

これより長い期間だと

具体的にイメージしずらくなり

目標があやふやになりやすいです。

やる気がない

忙しい

お金がない

など

現在の状況をできない理由にしないでください。

気持ちと考えを切り替えてください。

できる、できない、ではないんです。

やるか、やらないか、なのです。

前者を選んでいる限り、

残念ながらいつまで経ってもできる日は来ないでしょう。

後者を選べば、できるため、やるための知恵が必ず出てきます。

巷でよく言われている

「道は開ける」「思考は現実化する」ではありませんが

本当にそうなります。

もう、あやふやな目標や期限を設定するのはやめましょう。

今日からは、現実的な目標と期限を数字を使って設定しましょう。

たとえば

集客方法を3つ考え

テストマーケティングし

見込み客を10人集めたら起業する。

その達成には

今から2ヵ月後の1月26日(金)までにする。

まずは

1週間で集客方法を5通りのアイデアを考え

その中から1つ選ぶ。

テストマーケティングをして、反応を見ながら修正する。

そして

1ヵ月後に12月26日(火)に3人の見込み客を確保する。

このように数字を使い、期限を区切って具体的に決めてくださいね。

より効果的にアウトプットできるようになるために

「現実的な目標」と「現実的な期限」を

数字を使って、設定して

目に見える形でアウトプットしていってください。

起業、独立は

夢や憧れではなく

現実にあなたがこれからするものなっていくと思いますよ。

経理などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら