結果に差が出る!先延ばしにせずに無理なくやるための方法

ワンステップコンサルティングの金澤です。

新年度が始まり、新生活がスタートしました。

人事異動で違う部署に配属されたり、

転職して新たな仕事に就いたり、

子供の進学

など

生活に変化が起こりやすい季節です。

生活が変われば、何かとやる事がたくさん出てくるかと思います。

やる事はたくさんあるのにどこから手を付けていいかわからなくなったり、

気持ちばかり焦ってしまい、結局動けないままやることが終わらない、

そんな状況になりやすいものです。

あなたもやる事があっても先延ばしにしてしまい、なかなか動けない状況になっていませんか?

やる事がたくさんあるのに先延ばしにしてしまうと、

次から次へとやる事が増えてきてお手上げ状態になってしまいます。

やる事が多すぎてどうすることもできなくなると、

膨大なやる事を前に愕然とし、やる気がなくなってしまいます。

最終的に、ギリギリのところで必死にやって何とか終わらせることが多いと思います。

なぜ、ついつい先送りにしてしまうのでしょうか?

その理由は、

ズバリ

めんどくさくて、やりたくないからです。

いろいろな理由を付けて先延ばしにしてしまいますが、

大抵の場合は「めんどくさい」のです。

では、どうやったら「めんどくさく」なくなり、先延ばしせずにできるでしょうか?

その方法は、

「やる事を見えるようにしておくこと」

「5分で終わる作業をやること」です。

「やる事を見えるようにしておくこと」とは、

まずは自分のやる事を思いつくままに紙に書いてみてください。

紙に書き出したら、5分くらいですぐ終わりそうな事をその中から選び、

目に付くところに用意しておきます。

たとえば、届いたメール(LINE)に返信にする場合、メールソフト(LINE)を立ち上げておいてください。

まずは、メールソフト(LINE)を立ち上げていつでも作業ができるように準備しておき、常に自分の視界に入るようにしておきます。

なぜ、一気にやらないかと言うと、返信の文章を考えたり、文字を打つのが「めんどくさく」なってしまい結局やらないで終わってしまうからです。

そうならないためにも、メールソフト(LINE)を立ち上げるという数秒でできる簡単な動作をしておくことで、次の行動が取り組みやすくなります。

つぎに、

「5分で終わる作業をやること」は、いくら時間がない中でも容易に確保できる時間であり、心理的にもやることに対して負担が小さいです。

「まぁ、5分なら時間がありそうだから、少しやってみるか。」と思えるのではないでしょうか?

実際にやってみると感じると思いますが、やり終えると達成感があり、自信が湧いてきて、やる気が出てきます。

やる気が出たら、どんどん小さな作業をリズムよく終わらせて、徐々に時間や労力のかかるものに取り組んでください。

きっと、楽しみながら多くのやる事を終わらせられると思います。

これからは、先延ばししてやる事が増えてきたら、5分でできることを見つけてやってみてくださいね。

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら