朝の15分が人生に余裕とゆとりを生む

ワンステップコンサルティングの金澤です。

特に忙しいというわけでもないのに、

いつも時間に追われているようにてバタバタしている

普段の生活に気持ちに余裕やゆとりがなくて疲れている

ふと、こう感じるときはありませんか?

少し人生に余裕やゆとりを持って暮らしたい

と思いながらも、

日々の生活に流されて、

なかなか思うようにいかないことが多いと思います。

しかし、

いつもの生活を少しだけ変えれば、

生活に余裕とゆとりを生むことができます。

その方法は、

朝の時間に15分の空白の時間をつくることです。

いつもギリギリに起きてバタバタと用意して、

朝の時間に余裕を持って生活している人は少ないと思います。

朝にたくさんの時間をとろうと、

1時間、2時間いつもより早く起きようとすると辛く、

なかなかうまく行きません。

人は、いつもと違う変化を嫌い、現状を維持しようとするからです。

かといって、

5分、10分だと少し落ち着いた気分を味わうには少ない気がしませんか?

今度は、30分だと今の生活を変化する負担が大きいかと思います。

15分でしたら、今の生活を大きく変えることなく、

無理なく始められます。

また、

15分あれば何ができるか少し考えてみてください。

のんびりとした朝食

仕事の資料を読む

今日のスケジュールの確認

掃除

片付け

ニュースのチェック

など

15分あれば結構いろいろなことができます。

この15分の余裕を持つことで、

自分の気持ちにも余裕ができ、ゆとりが持てます。

いろいろな使い方はあると思いますが、

やはり、

一番大切なことは、

自分の気持ちにゆとりができるように使うことではないでしょうか。

時間に追われることなく、

朝に余裕を持たせるにはどうすればいいのか?

朝の支度を前倒しにするのもいいですし、

リラックスしてから一日をゆっくりとスタートさせてもいいと思います。

夜に比べて、朝の時間のゆとりの方が

とても贅沢な時間に感じると思います。

たとえば、

夜だとあまり感じないと思いますが、

食事の後にゆっくりとコーヒーなどを飲み、

読書やニュースをチェックすることを朝にやれば

とても優雅な気分になりませんか?

ぜひ、自分に合った時間の使い方を考えてみてください。

少し早く起きると言っても、

いきなり毎日、早起きするのは辛いと思いますので、

毎日するなどとは考えずに、

まずは1日だけやってみください。

実際に体験してみることで

またやろうと思えば続ければいいと思います。

そのぐらいの軽い気持ちでやれば、

明日からでもすぐに行動できるようになります。

最初から、張り切り過ぎると

なかなか行動に移せませんし、

長続きもしません。

楽しいはずの早起きが

辛い早起きになってしまいかねません。

これからは、

いつもより15分早起きして

一日の始まりである朝の時間に

少し時間のゆとりをもち、

気持ちよく一日をスタートさせましょう。

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら