ジョギング、ランニングをしたいけどできないときにすること

ワンステップコンサルティングの金澤です。

最近、ちょっと太ってきたから運動でもしようかな?

この頃、運動不足で体力が落ちているからちょっと運動でもしようかな?

と思って、手軽に始められるジョギングやランニングをはじめたいなー

と思っている方も多いのではないでしょうか?

でも,

いざ走ろうとすると、

面倒くさくなり、

まぁ今日じゃなくてもいいか

また今度にしよう

などと

結局、思っているだけで、

行動できずに終わってしまいがちです。

しばらくすると、また同じようなことを思って、

行動しようとするけど、

またできないの繰り返しになってしまう。

もういい加減、行動できるようになりたいと思いませんか?

今回は、

ジョギング、ランニングしたいけど、

なかなか行動できないときにすることをお話しします。

その方法とは、

ズバリ

走らない

です。

意外に感じるかもしれませんが、

走らないのがジョギング、ランニングしたいときには重要です。

走らなければジョギング、ランニングではないではないか?

という声が聞こえてきそうですが、

確かに厳密には、

「走ること」 = 「ジョギング、ランニング」

です。

ただ、

したいけど、できない場合は、

少し発想を変えて取り組む必要があります。

では、走らないで何をするか?

それは、ウェアに着替えることです。

たったこれだけでいいのです。

まずはじめに、ウェアに着替えることだけをしましょう。

着替え終わったらその日のジョギングは終わりです。

これなら、

雨が降っていても、

寒くても、

暑くても、

まったく問題なくできます。

時間がなくても3分もあればできてしまうことです。

でもきっとあなたは思うでしょう。

こんなことやって何の意味があるの?

その疑問を今から説明します。

なぜ、ただウェアを着替えるだけをするかというと、

ジョギングする一連の動作を細かく分けると、

ウェアに着替える

シューズを履く

家を出る

準備運動をする

走る

という流れになるかと思います。

その一番はじめである動作をまずはやってみることで、

ジョギングすることは、

難しくなく、面倒なことではないことが

実際に行動することにより実感できます。

このとき大切なことは、

決して一気に走るまでやらないのが挫折しないポイントです。

なぜかというと、

ジョギングが面倒に感じて次の日からやらなくなってしまいます。

仮に少し続いたとしてもモチベーションを維持するのが難しいです。

最初は

「えっ、こんなのでいいの?」

「早く走りたいな~?」

と思うくらい、簡単なレベルでいいのです。

ウェアに着替えるだけを2~3日したら、

その後に、シューズを履いて、家を出て、

外で軽くストレッチなどの準備運動をして家にすぐに帰ってきましょう。

このとき、気が向けば少し近所を散歩してみましょう。

1週間ぐらいしてから少しずつ走ってみればいいのです。

徐々にハードルを高くしていくことで、

身体も気持ちもジョギングすることに慣れてきますので、

あまり面倒に感じることがなくなります。

ジョギングは、ひざに大きな負荷がかかるため、

慣れないうちは、ウォーキングと軽いジョギングを混ぜながら

無理せずに気軽に楽しんでやってくださいね。

よく張り切って毎日やろうとして頑張っている人がいますが、

大抵の人は挫折します。

そんなに頑張らないで、

週に1~2日程度、

10~30分程度やればいいと思います。

それが無理なくできるようになったら、

自分の時間と身体を調整して、

自分の好きなスタイルでジョギングをすればいいと思います。

決して無理だけはしないでくださいね。

私も走ることが好きで、9年くらい走っています。

週に1回程度のジョギングでも、

ハーフマラソンも10回近く出場し、

フルマラソンも5回以上完走することができましたので、

無理せず、

楽しく、

マイペースに、

のんびりやりましょう。

これからは、

ジョギング、ランニングするときは、

まずは一番はじめにウェアに着替えることからはじめましょう。

きっと、

気がついたら無理なく走れるようになっていますよ。

もしかしたら、マラソン大会にも出場しているかもしれませんよ。

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら