簡単にできる!仕事にやる気が出ないときの対処法

ワンステップコンサルティングの金澤です。

なんか最近、

最近、仕事の量が増えて、

どんどん仕事が溜まっていくばっかり。

そろそろ何とかしないといけないけど。。。

でも、イマイチやる気が起きなくて

結局やらないままいつもの日常を送ってしまう。

どんどん仕事がたまっていき、

気が付くと期限ギリギリのものばかり。

ようやく仕事モード?焦りモード?でギリギリに終わらせる。

そんな状態になるときはありませんか?

今回は、やる仕事をしなければならないのに、

イマイチやる気が出ないときに、

すぐできる簡単な対処法をお話しします。

その方法とは、

ズバリ

まずは、少しだけやってみる

です。

なんだ、それ?

なんて声が聞こえてきそうですが。。。

しかし

このほんの少しの行動が

その後のやる気を引き出します。

やる気は、

やる気が出ないと待っていても、

だいたい、やる気が自然に出ることはないのです。

何かのきっかけで、

やる気がでるときは確かにあります。

しかし

仕事の場合ですと、

「やる気がないから、まぁ、いっか」

などとのんびりしている時間がないことも多いと思います。

やる気がないからと放置しておいた仕事は、

大抵の場合、頼んでもない利息が付いてきて

ギリギリな納期で追い込みをかけてきます。

ギリギリに追い込まれないためには、

やる気がない状態でもやる気になれたらいいと思いませんか?

解決法は、

まずは、やってみる。

すると、やる気は後から自然とついてきます。

行動があなたの意識を変え、

次の行動も変えていきます。

なんでもいいからとりあえず、

実際に手や体を動かして、

1分間作業をしてみましょう。

つい、やる気のない仕事を

どこから手を付けようかなー?

どのようにしていこうかなー?

どうしたら要領よくできるかなー?

など

仕事の段取りから考えがちです。

通常の仕事モードなら、

段取りから考えても、

苦労することなく取りかかれると思います。

しかし、

仕事がやる気がないモードでは、

段取りから考えると

いろいろと考えてしまい、

ついつい行動するのが面倒くさくなりがちです。

これからは、仕事がやる気がないモードのときは、

仕事の段取りから考えるのではなく、

1分間だけも何か実際に作業をしてみましょう。

たとえば、

仕事に必要な書類をデスクに用意し、広げる。

現場での作業でしたら、必要な道具をもって、少し作業してみる。

など

なんでもいいのでほんの少しだけ行動をしてみてください。

別に効率を考えることも必要なければ、

効率的にやる必要もないです。

ただただ、少しだけやってみてください。

きっと、

どことなくやる気が戻ってきて、

1分のつもりが5分、10分と続き、

いつの間にか通常の仕事モードに戻れるようになります。

ぜひ、イマイチ仕事にやる気がないときは、

実際にほんの少しの作業をしてみてくださいね。

不思議とやる気が戻ってきますよ。

経理などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら