行動力を高める名言7

ワンステップコンサルティングの金澤です。

今回は、行動力を高める名言をご紹介したいと思います。

これからも、行動力を高める名言を

いろいろとご紹介していきたいと思います。

まず、

はじめに名言を紹介し、

つぎに、

行動力を高めるための観点から

オリジナルの解説をしていきたいと思います。

最後に、

あなたへの質問をさせていただきますので、

ご自身の状況に合わせて少し考えてみてください。

きっと、

今までよりも行動力がアップするヒントが

たくさん見つかると思いますよ。

それでは、さっそくご紹介しましょう。

 名言

 生きることは呼吸することではない。行為することだ。

ジャン=ジャック・ルソー

行動力を高める解説

ジャン=ジャック・ルソーは、社会契約論の著書で有名なフランスの哲学者です。

生きるということはただ生きるために呼吸をすることではなく、

何かしらの目的のために命を使い、行動することです。

私たち人間が生きるためには、

当たり前ですが、呼吸をし、ご飯を食べ、寝ることが必要です。

しかし、

それだけをもって生きているといえるのでしょうか?

これでは生存しているだけで、魂は死んでいると同じです。

たとえば、世界でもっとも厳しい拷問だと言われる

穴掘り拷問というものがありました。

穴掘り拷問は、

ナチスの強制収容所だか旧ソ連時代のシベリアだかで行われていた拷問で、

囚人に一日中大きな穴を掘らせ、

次の日にはその穴を埋めさせ、

また次の日には穴を掘らせるということを繰り返すというものです。

1週間もするとどんなに屈強な囚人も音を上げ、

発狂する者も少なくなかったという恐ろしい拷問です。

目的のない作業の繰り返しは人を疲弊させ、

やがて狂わせるまでに追い詰めてしまうということです。

目的を持たず、穴を掘って、埋めてという行為は、

呼吸をするだけの行為に等しいのです。

自分で何かしら生きる目的を持ち行動することが、

生きるということであり、

そうでなければ、死んでいるのに等しいのです。

逆を言えば、

自分にとって大切な目的があり、

意義が感じることができたら、

とても幸せなことではないのではないでしょうか。

今、自分は何をしなくてはいけないのかが明確になり、

自然とモチベーションが上がり

行動もしやすくなります。

これからは、ただ何となく過ごして毎日を

自分にとって大切な目的や意義を感じられるものに時間を使っていきましょう。

あなたへの質問

あなたにとって生きるのに大切な目的や意義を感じられるものなんですか?

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら