行動力を高める名言33

ワンステップコンサルティングの金澤です。

今回は、行動力を高める名言をご紹介したいと思います。

これからも、行動力を高める名言を

いろいろとご紹介していきたいと思います。

まず、

はじめに名言を紹介し、

つぎに、

行動力を高めるための観点から

オリジナルの解説をしていきたいと思います。

最後に、

あなたへの質問をさせていただきますので、

ご自身の状況に合わせて少し考えてみてください。

きっと、

今までよりも行動力がアップするヒントが

たくさん見つかると思いますよ。

それでは、さっそくご紹介しましょう。

 名言

時は苦しみや争いを癒す。というのは、ひとが変わるからである。ひとは、もはや同一人ではないのである。

ブレーズ・パスカル

行動力を高める解説

ブレーズ・パスカルは、17世紀のフランスの哲学者、数学者、物理学者です。

大切な人と言い争いなったり、新しいことにチャレンジして失敗をしてしまったときは、落ち込んで何も手につかないようなこともあると思います。

しかし、

不思議と時間が経つにつれて冷静になり、怒りや絶望感もなくなっていきます。

それは、時間が経つから当たり前だと思いがちですが、なぜそうなるのかがわからないことが多いです。

パスカルが言っているように、人は変わり続けているから、そのときとは同じ感情ではないですし、同じ見方や考え方でもないことが理由の一つに挙げられます。

案外、自分ではあまり気が付かないかもしれませんが、自分自身も日々変化しています。

この考え方を応用してみると、今までなかなかできなかったことができるようになるヒントが隠されています。

たとえば、

過去に挑戦して失敗してしまって、再度挑戦したいけど、どうしても過去と同じように失敗してしまうのではないかと不安になったときに使えます。

過去の失敗が動けない主な理由だった場合、

過去に失敗したときの自分と、今の自分とでは違います。

具体的に何が違うかと言うと、既に失敗したことがあるというかけがえのない経験をしているため、ゼロからのスタートではないのです。

一見、失敗したというネガティブな側面ばかり注目してしまいがちですが、経験しているのと、まだ経験してないのとでは雲泥の差です。

既に経験していれば、どのような状況になり、どのような心理状況になるのかがわかっていると思います。

しかし、ここで注意していただきたいのは、その経験はあくまでも過去のことであって、これからは違うということです。

これからの行動の参考にする程度にとどめ、過去の失敗にとらわれ過ぎないように気を付けてください。

時間の経過を活用して、過去にできなかったこと、うまく行かなかったことにもう一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

きっと、前とは違った良い結果が出ると思いますよ。

あなたへの質問

過去に失敗したけど、もう一度チャレンジしてみたいことはないですか?

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら