行動力を高める名言32

ワンステップコンサルティングの金澤です。

今回は、行動力を高める名言をご紹介したいと思います。

これからも、行動力を高める名言を

いろいろとご紹介していきたいと思います。

まず、

はじめに名言を紹介し、

つぎに、

行動力を高めるための観点から

オリジナルの解説をしていきたいと思います。

最後に、

あなたへの質問をさせていただきますので、

ご自身の状況に合わせて少し考えてみてください。

きっと、

今までよりも行動力がアップするヒントが

たくさん見つかると思いますよ。

それでは、さっそくご紹介しましょう。

 名言

真の欲求なくして真の満足はない。

ヴォルテール

行動力を高める解説

ヴォルテールは、18世紀フランスの哲学者、文学者、歴史家です。

突然ですが、あなたは今の生活に満足していますか?

恐らく答えはNoではないでしょうか。

私たちは、今の生活に多かれ少なかれ満足していないと思います。

今の状況をより良くしたい

充実した毎日を送りたい

などと願いながらも、

具体的に何をしていいのかわからなかったり、

今、流行っているもの、友達・職場など周りの人がやっているものを何となくやってみたりしているけど、

なんか違うなと違和感があったりすることもあると思います。

なぜそのような違和感があるかと言うと、恐らく自分が求めているものと違っているからです。

しかし、

肝心の自分が求めていることが、自分自身でもよくわからない状態に陥っている人は非常に多いです。

自分は、どのようなことに興味を持ち、どのような人たちと関わり、どのように時間と労力を使うのか。

有限である自分の時間をどのように使うのが、自分にとって納得のいくものなのか。と言い換えることができます。

他人の評価ではなく、自分が納得できるかどうかという自分軸を満足の基準に置くことが重要です。

自分軸で自分の興味のあることを探そうとしても、そう簡単には見つけられないかもしれません。

そんなときは、損得を考えず、世間の評価も一切考えずに、自分が夢中になれることを考えてみてください。

考えるときのポイントとしては、

長時間やっても苦にならない

やっていて理由は特にないけど楽しい

など

上手い、下手は考えずに、あくまでも楽しいか、楽しくないかで判断してみてください。

また、

時間を使うときに大切なことは、やはり自分の納得感です。

損得は考えず、

「あぁ、これに時間を使ってよかったなぁー」と心の底から思えることが大切です。

たとえば、

やりたくない楽な事を1時間するより、

辛いけどやりたい事を3時間する方が充実した時間になるのではないでしょうか。

上手くできるけど興味がない事をやるより、

下手だけど楽しくてしょうがない事をやる方が遥かにあなたにとって有意義な時間になるのではないでしょうか。

これからは、自分の興味のあることに積極的に時間を使っていけば、あなたの望む生活を手に入れられるようになると思いますよ。

あなたへの質問

時間があっという間に過ぎるような自分が夢中になれることはありますか?

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら