行動力を高める名言30

ワンステップコンサルティングの金澤です。

今回は、行動力を高める名言をご紹介したいと思います。

これからも、行動力を高める名言を

いろいろとご紹介していきたいと思います。

まず、

はじめに名言を紹介し、

つぎに、

行動力を高めるための観点から

オリジナルの解説をしていきたいと思います。

最後に、

あなたへの質問をさせていただきますので、

ご自身の状況に合わせて少し考えてみてください。

きっと、

今までよりも行動力がアップするヒントが

たくさん見つかると思いますよ。

それでは、さっそくご紹介しましょう。

 名言

「時」の歩みは三重である。未来はためらいつつ近づき、現在は矢のようにはやく飛び去り、過去は永久に静かに立っている。

フリードリヒ・フォン・シラー

行動力を高める解説

フリードリヒ・フォン・シラーは、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家で、ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表者です。

まだ訪れていない未来は不確実なことが多く、希望もありますが不安もたくさんあると思います。

未来は、何となくぼんやりとした遠くの出来事のように思えてしまいますよね。

しかし、

実際には時間の経つのは早いもので、日常生活に忙殺されている間にどんどん時間が過ぎ去ってしまいます。

過去に起こったことはどうすることもできないので、ただ事実だけが残っています。

ただ事実と言っても捉えようによっては変化させることができます。

詳しくは過去の記事をみてください。

「過去は変えられる!変えられない過去を変え、明るい未来をつくる方法」

時間を未来、現在、過去という3つの視点から見てみると、私たちは多くの時間をまだ起こってもいない未来のことに使ってしまいがちです。

こんなことが起きたらどうしよう

あぁ、やっぱり失敗するに決まってる

など

まだやる前からあれこれ悩み多くの時間を消費してしまっています。

また、

過去に起こったことをいつまでも忘れられずに後悔ばかりして時間が過ぎていませんか?

未来と過去に現在の時間を使うと、現在のあなたの時間はあっという間に無くなってしまいます。

そうならないためにも今まで生きている中で一番若い「現在」を大切にしましょう。

もちろん、これからの未来を見据えたことを考えることも過去を振り返りこれからの生きる参考にすることも大切だと思います。

でも、

未来と過去ばかりに時間を奪われ、現在が犠牲になるようなことは避けるようにしなくてはなりません。

これからは、今この瞬間に焦点を当てて、一日一日を大切に丁寧に生活していきたいですね。

あなたへの質問

将来のことや過去のことばかり考えていませんか?

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら