行動力を高める名言22

ワンステップコンサルティングの金澤です。

今回は、行動力を高める名言をご紹介したいと思います。

これからも、行動力を高める名言を

いろいろとご紹介していきたいと思います。

まず、

はじめに名言を紹介し、

つぎに、

行動力を高めるための観点から

オリジナルの解説をしていきたいと思います。

最後に、

あなたへの質問をさせていただきますので、

ご自身の状況に合わせて少し考えてみてください。

きっと、

今までよりも行動力がアップするヒントが

たくさん見つかると思いますよ。

それでは、さっそくご紹介しましょう。

 名言

間違いを犯した事の無い人というのは、

何も新しいことをしていない人のことだ。

アルベルト・アインシュタイン

行動力を高める解説

アルベルト・アインシュタインは、「相対性理論」によって知られるドイツ出身の理論物理学者です。

私たちは何かをしようとするとき、

うまくできるかな~

やったことがないから大丈夫かな?

失敗したらどうしよう。

など

不安や恐怖を感じてなかなか行動することができなくなってしまいがちです。

しかし、

どこかでそこから一歩前に進まなければ、

自分がやろうとしていることは一歩も前に進まず、

現在の状況は何も変わりません。

経験していることであろうとなかろうと、

何か行動を起こせば多かれ少なかれ、ミスや間違いなどの問題は発生します。

特に、やったことがないことは経験がないため、問題が発生する可能性が高くなるのも事実です。

そうなると、ますますリスクが気になり行動できなくなってしまいます。

でも、ここで少し発想を変えてみましょう。

もともと失敗しないことを前提にうまくやろうとするから動けないのです。

ですので、思い切って失敗することを前提に考えてみればよいのです。

行動する前に、失敗しても大丈夫と思えるくらいにハードルを下げてから行動してみたらよいのです。

たとえば、

はじめての場所に行けなかったり、初対面の人と会ってみたいのに不安で会えないような場合、

数分だけ行ったり、会ったりしてみる、

嫌ならすぐに帰る、

誰かについてきてもらう、

など

少し工夫するだけで、だいぶ気持ちがラクになると思います。

勇気を出して一歩踏み出したことで人生を変えるような場所や人に出会えたりするかもしれません。

私にもそのような経験は、今思い返すと一度や二度ではなく何度もありました。

ただし、実際に行動したからこそ出た結果だと思います。

言い換えれば、行動さえすれば、だれでも結果は必ず出ます。

実際にそうやって行動した人だけが、かけがいのない経験と結果を手にすることができるのです。

あなたも失敗することで失うものばかり気にするのではなく、

行動しないことで失う未来に意識を向けてみてください。

あなたへの質問

失敗で失うことばかり気にして、行動しないで失う未来のことは考えていますか?

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら