行動力を高める名言18

ワンステップコンサルティングの金澤です。

今回は、行動力を高める名言をご紹介したいと思います。

これからも、行動力を高める名言を

いろいろとご紹介していきたいと思います。

まず、

はじめに名言を紹介し、

つぎに、

行動力を高めるための観点から

オリジナルの解説をしていきたいと思います。

最後に、

あなたへの質問をさせていただきますので、

ご自身の状況に合わせて少し考えてみてください。

きっと、

今までよりも行動力がアップするヒントが

たくさん見つかると思いますよ。

それでは、さっそくご紹介しましょう。

 名言

何をなすべきか、いかになすべきか、をのみ考えていたら、

何もしないうちにどれだけ多くの歳月がたってしまうことだろう。

ゲーテ

行動力を高める解説

ゲーテは、ドイツの詩人、小説家、劇作家で、

ドイツを代表する文豪です。

私たちは、何か始めたり、実際に何か行動しようとしたとき、

どのようにしようか、

どのような情報が必要なのか

どうしたら効率的にできるか

リスクはないか

など

さまざまなことを考えると思います。

たとえば、

今までにやったことがない仕事をする場合は、

その仕事についての情報を集め、

現在のその仕事の状況や常識

仕事のコツやノウハウ

体験談

など

いろいろな情報を集め、

入念に調べてから行動に移すとことが多いと思います。

もちろん、

必要最低限の下準備やリサーチは大切です。

しかし、

本当は、少しくらいうまく行かなくても大した影響がないようなことにまで、

必要以上に時間をかけて用意をし過ぎていることが多いと思います。

特に、期限が決まっていない、差し迫った状況ではない場合は、

これも必要かな?

やっぱりこっちの分野も知っておかないと

これも今後必要になりそう

など

広範囲にたくさん情報を集めてしまい、

いろいろと分析したり、考えたりしているうちに

モチベーションも徐々に下がっていき、

結局動けなくなってしまいます。

これからは、

まずはやる時期を思い切って決めてしまいましょう。

期限を決めることにより、やらなければいけないことが具体的になってきます。

ぼんやりと情報収集していたのが、行動するために必要な情報収集に変わり、

情報収集のスピードが上がり、質も高くなります。

つぎに、

実際に行動することについては、具体的にすることが大切です。

先程の今までやったことがない仕事をする場合では、

今から10日後の〇月〇日に始めるから、情報収集については、

ネットと本で1日2時間を3日間やる。次に。。。

と言う具合に具体的に決めていきます。

やることをなるべく細かく分け、数値化すると、

より一層具体的になり、やることがはっきりします。

やることが把握できているので、今の状況もすぐに確認でき、

今までやってきたこともわかり、モチベーションも維持しやすくなります。

今までにいろいろ考えてばかりで動けずに多くの月日が流れてしまっていたことが、

やることを具体的にして、期限を設けることで動けるようになります。

あなたへの質問

何かしようとするとき、必要以上に情報を集めていませんか?

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら