行動力を高める名言17

ワンステップコンサルティングの金澤です。

今回は、行動力を高める名言をご紹介したいと思います。

これからも、行動力を高める名言を

いろいろとご紹介していきたいと思います。

まず、

はじめに名言を紹介し、

つぎに、

行動力を高めるための観点から

オリジナルの解説をしていきたいと思います。

最後に、

あなたへの質問をさせていただきますので、

ご自身の状況に合わせて少し考えてみてください。

きっと、

今までよりも行動力がアップするヒントが

たくさん見つかると思いますよ。

それでは、さっそくご紹介しましょう。

 名言

事を行うに、いつから始めようかなどと考えている時は、すでに遅れをとっている。

クインティリアヌス

行動力を高める解説

クインティリアヌスは、古代ローマの修辞学者です。

いつも何かをしようとするときは、

私たちは、

本やネットなどを使って、

いろいろと調べて、情報収集をすると思います。

本やネットで収集した情報をもとに、

さまざまなアイデアを出して計画して、

いつぐらいから始めることができるかを考えることが多いです。

しかし、

実際に行動できる人は、

私たちがいろいろと調べたり、計画を立てている間に

既に行動に移していることが多いです。

なぜ、早く行動することができるのでしょうか?

それは、

情報収集から計画を立て、実行するまでの時間が短かいのです。

私たちは、より多くの情報を集めてから、完璧に計画しようと考えますが、

行動できる人は、

まず、やりたいことがハッキリしていて、その実行に必要な情報を集めます。

情報収集するときも漠然と集めるのではなく、「この行動をするために必要な情報」と明確にし、

情報収集に過度に時間をかけずに必要最低限にとどめています。

また、

計画を立てる際も、最初から完璧を目指さずに

実行しながら修正するつもりで計画しています。

完璧を目指して計画しようとすると

とても多くの時間を必要とします。

完璧に計画したつもりでも

実際に実行してみると計画とは違うことも多く、

修正する必要があることも少なくありません。

実行については、

始めからできそうもないことを実行しようとするのではなく、

自分の今できることを具体的にし、着実に実行に移しています。

実行しようとすると、自分の理想的な取り組みをしようと考えると思いますが、

実行するにはハードルが高い場合が多いです。

しかし、

行動できる人は、

理想的な取り組みを最初からやろうとするのではなく、

自分の今の状況や能力で確実にできる行動を見つけてやろうとします。

これからは、

何かをしようと思ったら、あまり情報収集をし過ぎず、計画にこだわり過ぎず、

今の自分のできることを少しやってみてください。

その一歩でやろうとしている事が大きく動き出だします。

あなたへの質問

いつ始めようか計画ばかりしていませんか?

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら