行動力を高める名言16

ワンステップコンサルティングの金澤です。

今回は、行動力を高める名言をご紹介したいと思います。

これからも、行動力を高める名言を

いろいろとご紹介していきたいと思います。

まず、

はじめに名言を紹介し、

つぎに、

行動力を高めるための観点から

オリジナルの解説をしていきたいと思います。

最後に、

あなたへの質問をさせていただきますので、

ご自身の状況に合わせて少し考えてみてください。

きっと、

今までよりも行動力がアップするヒントが

たくさん見つかると思いますよ。

それでは、さっそくご紹介しましょう。

 名言

私の会うすべての人々は必ずある点において私にまさっている。その点において私はその人より学ぶところがある。

ラルフ・ワルド・エマーソン

行動力を高める解説

ラルフ・ワルド・エマーソンは、

アメリカの思想家、哲学者、宗教家、作家、詩人です。

私たちは、日々暮らしていると

近所の人

職場の同僚、取引先、お客さん

家族や友達

お店の店員

など

普段は意識することはないかと思いますが、

さまざまな人と関わりながら生活していると思います。

ふと、何かのきっかけに、

あの人はすごいな

この人はちょっと

など

勝手にアレコレ評価してしまったりしていませんか?

あまり人と比べても意味はないと感じつつも、

つい比べてしまい、

あの人に比べて私は。。。

あの人よりは私のほうが。。。

など

人と比べては一喜一憂してしまいがちです。

そんなとき、

人と比べて自分との優劣を決めるのではなく、

その人の優れている点を見るようにしてください。

人の良い面、悪い面は、

コインの「表」と「裏」の関係のように、

良い面があれば、悪い面があり、

悪い面があれば、良い面があります。

たとえば、

気が短いような人でしたら、

相手を急かして追い込んでしまう。

配慮が足らずに突っ走ってしまう。

というネガティブな面があります。

一方、

すぐに決められる決断力がある。

物事を前に進める実行力がある。

といったポジティブな面もあります。

人は、悪い面ばかり目につきやすいですが、

その分だけ良い面だってあるはずです。

また、

人から何か学ぼうとするときには、

地位や肩書などに惑わされて、

本質的なものを見誤らないように注意しないといけません。

大切なことは、

「だれが」言ったのではなく、

「何を」言ったのかにフォーカスしてみてください。

そうすれば、本質をしっかりと捕らえることができ、見誤ることはなくなります。

これからは、

毎日いろいろな人と出会う中で、

その人の良い面、悪い面の2つの面を知ろうとしていきましょう。

知ることができた良い面、悪い面は、

自分と比べるためのものではなく、

これからの自分の行動に必要な情報として活用していきましょう。

これからの行動に意識を置いていけば、

今まで見えなかった人の優れたところや素晴らしさに気づき、

自分のこれからの行動や人生を豊かにするヒントがたくさん隠れています。

あなたへの質問

人と比べて一喜一憂していませんか?

経理、総務などの事務業務、横領・不正防止、業務効率化、業務改善についてお考えの方、お困りの方は「詳しくはこちら」をご覧ください。

詳しくはこちら